記事一覧

介護現場のリーダー的存在

介護施設

自分自身で専門性を高める

2000年にスタートした介護保険制度を機に、介護サービス事業所が格段に増えました。そこで高齢者を支える介護人材の確保は、どの現場においても重要なポイントです。朝刊の折り込みチラシ等にも介護職員の求人募集は必ずと言ってよいほど掲載されており、ニーズが高いことを表しています。その介護を担う職種としては、介護福祉士が最も有名です。しかし求人を見ると必ずしも介護福祉士ではなく「介護職員」となっていることが多くあります。資格は問わないという現場が多くあるのも事実です。介護福祉士は「社会福祉士および介護福祉士法」に定められた国家資格です。しかし、国家資格ではあるものの、医師のように業務独占ではなく、名称独占です。つまり、介護の業務は資格がなくても誰でもできる業務ということになります。だからこそ、介護福祉士自身がその専門性にこだわり、高めていくことが大事なのです。法律上の定義には「介護者に対して介護に関する指導を行うこと」という文言も記されています。つまり、介護福祉士の求人があった場合は、この事業所は介護現場におけるリーダー的な役割を担う職員を採用したいのだと捉えておく必要があります。また、求人に資格要件がなくても、介護福祉士であれば、有資格者としての自覚を持っておきたいものです。介護現場全体を見渡し、職員の介護スキルも把握し、必要に応じて育成・指導していくのと同時に、積極的に研修会に参加するなどし、自分自身のスキル向上に努める必要があります。そのことが、介護の専門性を高め、介護福祉士自身の地位向上にもつながっていくのです。

Copyright© 2018 最良の介護福祉士求人を探そう【仕事選びの注意点を紹介】 All Rights Reserved.