記事一覧

患者と最初に接する仕事

パソコン操作

受付窓口等で活躍する職種

病院には、患者や看護師だけではなく、受付窓口等で活躍する職種があります。それが医療事務の仕事です。この仕事は、受付・問診・診察介助・カルテ入力・会計といった業務を行います。そして、もっとも重要なのは、レセプト業務(診療報酬請求業務)です。病院で必要となる診療費は、患者自身と国・健康保険組合などの保険者それぞれに請求する必要があります。保険者への請求に、このレセプトが必要なのです。そんな医療事務の仕事には資格や経験が必要だと思われがちですが、未経験・資格なし可としている求人も多くあります。求人を出す側としては、最初に患者と接する医療事務従事者は、事務のスキルだけではなく、人柄やマナーを重視したいという狙いがあるからです。つまり、医療事務の求人に応募する場合は、単に経験や技術があるだけではいけないということを念頭に置いておく必要があります。医療事務の求人には、開業間近や開業して間もない病院から意外と多く出されています。どこかで新しい病院ができる。そんなことも情報収集しておくと有利になるかもしれません。そんな病院は人手が足りませんので、未経験者や無資格者にとっては採用されやすいと考えられます。また、近年著しく発展するIT化・システム化は、当然医療事務にも影響を与えてきます。医療事務の知識や経験だけを高めていくのではなく、パソコンスキルも兼ね備えていけば、採用に向けてかなり有利になるでしょう。

Copyright© 2018 最良の介護福祉士求人を探そう【仕事選びの注意点を紹介】 All Rights Reserved.